なぜ専門学校が近道なのか

芸能人のマネージャーになるための道

芸能人のマネージャーになる方法としては様々です。例えば大手芸能プロダクションなどの会社に就職し、マネジメント部門に勤める。また芸能事務所などと専属の契約社員となるなどの方法があります。
大手芸能事務プロダクション等の場合、社員として採用試験を受けることになるのですが、大手企業の場合には大学卒業者若しくは卒業予定者のみしか求めていないことが多いもの。しかも大手芸能プロダクションの場合には、マネジメント部門以外にも営業や様々な部署があり、どこに配置されるか分かりません。
となるとマネージャーとして仕事をしたいなら、芸能マネージャーとしての採用されること。芸能事務所の契約社員として採用を受ける、もしくは個人でマネジメントしている企業と契約するというのが最適です。

専門学校がいいという理由

マネジメントを行う多くの芸能事務所では、即戦力を求めています。マネージャーという仕事はハードでありながら、芸能人の未来を左右する大きな縁の下の力持ちとして高い存在感のある仕事。ある程度、業界のノウハウを理解していることが求められます。
とくに芸能マネージャーを育成する専門学校では、こうした業界のノウハウやルールを指導していることはもちろん、これまでの実績などから業界とのコネクションの強いところも多く存在しています。
業界は信用が大切なところ。そのためコネクションを大切にします。強いコネクションを持つ専門学校は、即戦力を育てる信用性も高く、こうした専門学校を卒業した人ほど芸能人のマネージャーという仕事に就く環境に最も近いと言われる理由です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ